読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POSENGINEER

Poser(見せかけ) + Enginieer(エンジニア)ということで、にわかなITブログです。ITのことを全く知らない知人に自慢できるようなネタを発信します。

シン・ゴジラ 感想(ネタバレ少しあり)

スポンサードリンク


『シン・ゴジラ』予告2

想定していない事態、想像すらできない事態が起きたら日本政府はどうなるのか? というのが丁寧に描かれています。

国民ではなくて政府です、一般市民が逃げまとうシーンはあるものの そこまで力を入れてるようには思えませんでした。 あくまでも見た目上の光景として描かれているだけで、 家族愛や友情などの人間ドラマはなかったです。 むしろ、冒頭に一般市民が言うセリフが下手くそ過ぎて「これハズレか?」と思ってしまうくらい。

でもそれを補ってなお余りある要素が、これでもかと描かれていた政府です。 もう、いろんな役職がでてきまくって、皆が皆早口で何かを決定していく。 総理はいろんな人の意見を聞きながら、頑張って立ち振る舞う。

会社でも想定していな事態(例えばサーバが突然死ぬ等)が発生したら、 まずトップが集まって、状況把握を行い、意思決定を行いますよね。 時間との勝負ならなおさら、緊急度が増して慌てふためいて収拾するのに困難を要するのですが、 この映画の政府は、結構頑張ってます。

といってもまあ、話し合いが多いなあ、とは思ってしまうんですが、 日本を動かすというのはそれだけ慎重にならなきゃいけないし、 最善を尽くしているという印象は受けました。 それにこの映画は、政府をポジティブに描いてます。 「がんばろうニッポン!」な立場で、決して批判的なメッセージではないのが珍しいのかなあと。

にしてもシン・ゴジラ、本当にエヴァですよ。エヴァが溢れてます。 音楽も、字幕も、セリフ回しも、電車も。

そして、なによりゴジラが。

ネタバレになるので、あまり書けませんけど、

ゴジラのイメージは、強くてカッコイイ!

でもシン・ゴジラのイメージは、気持ち悪くて不気味。 最初に怪獣が上陸するシーンは、「大日本人ぽいなあ」と思いました。 なんか、未完成具合がすごいんですよね、なんなんだこれ、どうやって動くんだ、みたいな。 それが、あーなって、こーなって、うわこえぇえなんじゃこりゃ!!

そういう描き方が正しいですよね、大惨事を描くのに「カッコイイ!」ではリアルが足りない。 カッコイイ!のは日本であるべきで、個人的にはこのゴジラ描写は大成功だったんじゃないかと思います。

しかし、エヴァゴジラがここまで相性が良かったのかあ、と感心しました。 というか、うまく融合させた庵野さんの手腕かもしれませんね。

エヴァ新作は、庵野さんが鬱になったのもありかなり延期されています。 本作で仕切りなおして、体調が良くなった状態で作ってくれるのを楽しみにしています。

f:id:shuheilocale:20160802165858j:plain

庵野さんといえば巨神兵ですが、 その巨神兵(ゴーレム)を宮﨑駿が描いた「空飛ぶゆうれい船」も面白いですよ。

空飛ぶゆうれい船 [DVD]

空飛ぶゆうれい船 [DVD]