POSENGINEER

Poser(見せかけ) + Enginieer(エンジニア)ということで、にわかなITブログです。ITのことを全く知らない知人に自慢できるようなネタを発信します。

エクス・マキナ感想(少しネタバレ) かわいすぎるAI

スポンサードリンク

エクス・マキナを観てきました。


映画『エクス・マキナ』予告編

監督はアレックス・ガーランド。 初監督作品のようで、それ以前はダニー・ボイル監督の「28日後」の脚本を手がける等していました。

あらすじは、wikipediaに書いてますが、 完全にネタバレなので注意してください。

以下、ネタバレを抑えたあらすじです。

架空の検索会社「ブルーブックス」の社長宅に訪問できる抽選に見事当選した主人公は、そこで社長にチューリングテストをするように依頼されます。対象は、AVA(エヴァ)というAIなのですがチューリングテストをしていくうちに主人公の気持ちが揺らいで・・・


チューリングテストは、アラン・チューリングが考案したテストで、対象が「機械」であるか「人工知能」であるかを判定するテストです。 この人工知能というのは、科学の進歩である一方で、人類を滅ぼすとも言われており、非常に危険なシンボルとして扱われています。

www.huffingtonpost.jp

この監督、「私を離さないで」という作品の脚本を手がけていますが、これはクローン人間を題材にした作品なんです。利用された側の人権はどこにあるんだろう、という。

対してエクス・マキナは、端的に言えば、人工知能の人権はあるのだろうか?という話でした。

比較的敵視されがちな人工知能ですが、自我を持っていたとする(または持っていそうな振る舞いをしたとする)と、その人工知能を利用する側は自我を尊重すべきなのかどうか。 でもそこで「尊重する」選択を取った場合、その選択は自発的な選択なのか、それとも人工知能に無意識に選択させられた結果なのか・・・。
「愛着が湧いてしまうので、人工知能に顔をつけてはならない」というのはアイ、ロボットでしたっけ?たしかにこの映画を観て思いますね。AVAの容姿がまた可愛らしくて、しぐさも乙女。これでは完全に人間が操作させられてしまいます。

AVAを演じたのは、アリシア・ヴィキャンデル。若干27歳ですが、今後の活躍が期待できそうです。

http://images.ciatr.jp/2015/08/17022925/93463c044e714ae7769126604112bf78-640x442.jpg

とまあ、こんな可愛いAIが出てくるのに、終始不気味な雰囲気がなんとも絶妙なバランスです。

そして特に印象的だった終盤のシーン。一点の曇りもない福音に満ちた描写に幸福を感じるんですが、ちょっとまて、それはホラーだぞと。

気になる方は、是非劇場に足を運んでみてください。