POSENGINEER

Poser(見せかけ) + Enginieer(エンジニア)ということで、にわかなITブログです。ITのことを全く知らない知人に自慢できるようなネタを発信します。

ビル・ゲイツの推薦図書 2016夏

スポンサードリンク

ビル・ゲイツは毎年おすすめ本を紹介していますが、今年もブログgatesnoteで紹介されていました。

Seveneves

Seveneves: A Novel

Seveneves: A Novel

月の爆発によって居住不能になった地球から宇宙ステーションへ脱出して生きのびたわずかな人類の子孫が、5000年後に地球への帰郷を試みる。 という内容のSFノベルです。

How Not to be Wrong,

How Not to Be Wrong: The Power of Mathematical Thinking

How Not to Be Wrong: The Power of Mathematical Thinking

日本語版は「データを正しく見るための数学的思考」というタイトルで発売されています。 昨今のビックデータブームに対して、間違わないデータ分析に必要とされる統計の数学的知識を、 数式を使わずに、グラフ図と日常的な例などで概説した読み物です。

The Vital Question

The Vital Question: Why is Life the Way it is?

The Vital Question: Why is Life the Way it is?

生命の誕生と進化についてや細胞の特徴について書かれた本です。

The Power to Compete

The Power to Compete: An Economist and an Entrepreneur on Revitalizing Japan in the Global Economy

The Power to Compete: An Economist and an Entrepreneur on Revitalizing Japan in the Global Economy

日本語版は「競争力」というタイトルで発売されております。 楽天三木谷浩史氏とその父である経済学者・故三木谷良一氏の討論が書かれています。

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind

2014年のベストセラー。ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」を超える本とも言われています。 ホモ・サピエンスが現在の支配的地位を築けた原因は何だったのか、そして 未来のホモ・サピエンスはどのように進化するのかが書かれています。


残念ながら5冊の内2冊しか日本語訳は出ていないようです。 が、全部Kindleでお手頃の値段で買えるので、英語の学習を兼ねて挑戦してみてはどうでしょうか?