POSENGINEER

Poser(見せかけ) + Enginieer(エンジニア)ということで、にわかなITブログです。ITのことを全く知らない知人に自慢できるようなネタを発信します。

だれが要件定義をするのか

スポンサードリンク

面白い記事だ。

www.atmarkit.co.jp

記事では、

  • ユーザ
  • ベンダー
  • パッケージベンダー

の3者が登場しているが、これに限らず

  • プロジェクトマネージャ
  • プロジェクトリーダ
  • プログラマ

なんて関係もあるだろう。 要するに、誰が要件定義をすべきかではなく、 誰が要件定義をするのかを明確にしておかなければ プロジェクト間の関係は悪化するばかりである。 別に、3者が協力してすることは悪く無いし、 観点が増えればそれだけプロダクトの質は向上しやすくなる。 ただし、誰がリードして、誰が決定権を持つのかは決めておく必要があるし、 個人的には、それはユーザに近いほうが良いと思う。 要件定義をベンダーが請け負うとして、 その工数を頂けないことが多いからだ。 であれば、要件定義はユーザが行う、ということを明確にしておかなければ、 割にあわないプロジェクトになる可能性が高くなる。

広告を非表示にする